本文へジャンプします。



現在位置: > > > >戦姫絶唱シンフォギアG EPISODE 13 遥か彼方、星が音楽となった…かの日


戦姫絶唱シンフォギアG EPISODE 13 遥か彼方、星が音楽となった…かの日

  • Delicious
  • Buzzurlにブックマーク
  • この記事をクリップ!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

戦姫絶唱シンフォギアG EPISODE 13 遥か彼方、星が音楽となった…かの日

  • 視聴期間72時間

    再生時間00:25:00

  • 税込価格200円
  • 配信ページへ

(c) Project シンフォギアG

作品内容

きっと救うと誓った胸に聖詠が湧きあがると、この身は既に戦装束――。再びガングニールのシンフォギアを纏った立花 響がフロンティアを駆け抜ける。偽りの心を解きほぐされた彼女もまた、生まれたままの感情で自分に向き合う。頬を染めて口にする星の救済は、マリア・カデンツァヴナ・イヴの迷いなき選択。世界を繋いで共鳴する優しい歌声は天を衝き、公転軌道から外れた月に伸びていく。セレナを亡くして以来、少女のまま止まっていたマリアの刻がついに動きはじめる。夢に焦がれるウェル博士もまた、理想に向かって全てを蹴散らし邁進する。装者も、統治するには手に余る人類も、左手に繋いだフロンティアにて駆逐すべく、たっとひとりで立ち回り、ついには血の涙を流して奇跡を起こしてみせるのであった。迫り来る世界蒸発の事態を回避するために、クリスがソロモンの杖を高く掲げる。人を殺すだけではないと示した杖の可能性に、明日を求めてマリアも吠え叫ぶ。英雄でないすべての命が、ひとりでは掴めない未来に向かって小さな手を広げる。

機動戦士ガンダム サンダーボルト

@niftyゲーム

アット・ニフティ決済でネット動画

@nifty ID取得で有料サービスをご利用いただけます

アット・ニフティ IDを取得する
※その他利用できるサービスもあります。(WebMoneyなど)
提携の有料サービスを利用する