本文へジャンプします。



現在位置: > > > >ハプスブルクの宝剣−魂に宿る光−(10年星組・東京・千秋楽)


ハプスブルクの宝剣−魂に宿る光−(10年星組・東京・千秋楽)

  • Delicious
  • Buzzurlにブックマーク
  • この記事をクリップ!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ハプスブルクの宝剣−魂に宿る光−(10年星組・東京・千秋楽)

  • 視聴期間168時間

    再生時間1:43:00

  • 税込価格500円
  • 配信ページへ

(c) 宝塚歌劇団

作品内容

原作は藤本ひとみの同名の小説。ユダヤ社会を捨て、自らの生きる場所を捜し求めた野心あふれる青年の波乱に満ちた生涯を描くミュージカル作品。


【あらすじ】 18世紀前半、フランクフルトのユダヤ人居住区で生まれ育ったエリヤーフ(柚希礼音)は、自らの未来や、迫害と差別の歴史を持つユダヤの未来を切り拓こうと、大学でユダヤ教の律法のドイツ語訳という革新的な作業を成し遂げ、故郷へ戻ってくる。しかし、閉鎖的な因習に固執するユダヤの人々から激しく拒絶される。打ちひしがれたエリヤーフは、大学時代から想いを寄せ合っていたアーデルハイト(夢咲ねね)と再会するが、有産階級の娘の彼女は両親により許婚が決められていた。二人の仲を知った許婚に決闘を挑まれたエリヤーフは心ならずも彼を殺めてしまう…。時は巡り、オーストリアの都ウィーン。ヨーロッパで名立たる権勢を誇るハプスブルク帝国の君主カール6世(にしき愛)は、長女マリア・テレジア(夢咲ねね)の婿にロートリンゲン公国からフランツ・シュテファン(凰稀かなめ)を迎えていた。フランツの臣下に、ハプスブルクの護り刀となり得る、武勇知略に優れたエドゥアルトと名乗る若者がいた。過去の全てを捨て、ユダヤと訣別したエリヤーフであった…。

’10年/星組/東京宝塚劇場/出演:柚希礼音、夢咲ねね、凰稀かなめ ほか

タカラヅカジャンルの関連動画

  1. TAKARAZUKA NEWS Pick Up #527「花組宝塚大劇場公演『邪馬台国の風』『Sante!!』稽古場トーク」〜2017年5月より〜

    TAKARAZUKA NEWS Pick Up #527「花組宝塚大劇場公演『邪馬台国の風』『Sante!!』稽古場トーク」〜2017年5月より〜
    花組宝塚大劇場公演『邪馬台国の風』『Sante!!』の稽古場より、明日海りおと高翔みず希のトークを…
  2. STAGE Pick Up from花組『エリザベート−愛と死の輪舞−』「フィナーレ」(’14年)

    STAGE Pick Up from花組『エリザベート−愛と死の輪舞−』「フィナーレ」(’14年)
    大人の色香漂うデュエットダンスが繰り広げられる。華やかなフィナーレの盛り上がりをピックアップ…
  3. TAKARAZUKA NEWS Pick Up #472「宙組博多座公演 『王家に捧ぐ歌』 突撃レポート」〜2016年5月より〜

    TAKARAZUKA NEWS Pick Up #472「宙組博多座公演 『王家に捧ぐ歌』 突撃レポート」〜2016年5月より〜
    宙組博多座公演 『王家に捧ぐ歌』 より、終演直後のインタビューが届きました。宝塚大劇場とは違う…
  4. スター☆きらきらファイル「壮一帆」

    スター☆きらきらファイル「壮一帆」
    スターが思い出の作品の場面や、スカイ・ステージ出演時のエピソードなどを語ります。今回は花組・…
  5. TAKARAZUKA NEWS Pick Up #5「星組宝塚大劇場公演『愛するには短すぎる』『ネオ・ダンディズム!』稽古場レポート」

    TAKARAZUKA NEWS Pick Up #5「星組宝塚大劇場公演『愛するには短すぎる』『ネオ・ダンディズム!』稽古場レポート」
    初日を目前に控え白熱する稽古場から、星組若手男役スター6人のインタビューを!

もっとみる

機動戦士ガンダム サンダーボルト

@niftyゲーム

アット・ニフティ決済でネット動画

@nifty ID取得で有料サービスをご利用いただけます

アット・ニフティ IDを取得する
※その他利用できるサービスもあります。(WebMoneyなど)
提携の有料サービスを利用する