本文へジャンプします。



現在位置: > > > >妖怪ウォッチ 第131話 トムニャンとジェリー/妖怪なぞトキ/アンドロイド山田 第六話 無念


妖怪ウォッチ 第131話 トムニャンとジェリー/妖怪なぞトキ/アンドロイド山田 第六話 無念

  • Delicious
  • Buzzurlにブックマーク
  • この記事をクリップ!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

妖怪ウォッチ 第131話 トムニャンとジェリー/妖怪なぞトキ/アンドロイド山田 第六話 無念

  • 視聴期間48時間

    再生時間00:23:30

  • 税込価格100円
  • 配信ページへ

(c) L5/YWP・TX

作品内容

「トムニャンとジェリー」ケータの家から豪快な笑い声が鳴り響く。笑い声の正体は、お隣に引っ越してきたジェリー。なんとジェリーは“トムニャン”のルームメイトだった!よく見るとジェリーが腕に着けていたのは、ケータも使っていた初代の妖怪ウォッチ。ところがジェリーは妖怪ウォッチの使い方を完全に間違っている! 正しい使い方を教えるために、“ジバニャン”を召喚するケータだが、ジェリーは召喚には一切興味ナシ!そのくせ、ちょっと強引な方法でジバニャンのメダルを手に入れてしまう。さらに新たなメダルを求めるジェリーのため、仕方なくケータは街を案内するが・・・!?「妖怪なぞトキ」「オレの消しゴム知らない?」 ケータのひと言を皮切りに、突然クマとカンチが刑事ドラマのように消しゴムの行方を推理し始めた。その後も何かあるたびに刑事になりきって推理する2人。実は、とり憑かれると謎解きを始めてしまう妖怪“なぞトキ”が二人に憑りついていた! 「名探偵の私に解けない謎はありません!」と豪語するなぞトキを倒すためにケータが召喚したのは、“サンタク老師”! 不正解のたびになぞトキの持ち物がサンタク老師の袋に吸い込まれていく! 果たして勝つのはどっちだ!?

機動戦士ガンダム サンダーボルト

@niftyゲーム

アット・ニフティ決済でネット動画

@nifty ID取得で有料サービスをご利用いただけます

アット・ニフティ IDを取得する
※その他利用できるサービスもあります。(WebMoneyなど)
提携の有料サービスを利用する

このページの先頭へ

推奨画面サイズ

1024×768 以上

エンタメトップへ戻る